KURA別冊 軽井沢 2016

1,000円(税込)


憧れの地・信州のリゾートエリア「軽井沢」情報最新版!


6月には9年ぶりに「第10回記念 ヴォーリズ建築文化 全国ネットワーク in 軽井沢全国大会」が、9月にはG7交通大臣会合が行われる長野県軽井沢町。東京駅から北陸新幹線で約70分と、都心からアクセスしやすい日本有数のリゾート地です。
そんな軽井沢では今、異色のヴィーガン料理専門店を筆頭に、注目株の新スポットがぞくぞくとオープン。今までにない「モノ」や「コト」が誕生して、これからの軽井沢はもっと面白くなります!そんなワクワクな気分にさせてくれるニュースポットを中心に、特集では新店、老舗、隠れた名店など話題のお店をジャンルごとにご紹介。カフェ部門は、朝8時までに開店する朝食が楽しめるお店や、Wi-Fiの有無も調査しました。また、軽井沢の南地区・発地(ほっち)と塩沢に注目。自然豊かなこのエリアには、軽井沢アイスパークをはじめ、ムーゼの森、軽井沢タリアセンなど、滞在して遊べる場所が多いんです。今年4月、そこに仲間入りしたのが「軽井沢発地市庭」。新鮮な農産物が揃い、活気ある場所の誕生しました。半日、1日ゆっくり遊べる「軽井沢モダンの里山」で、今までにない軽井沢の魅力を感じてみませんか?ゴールデンウィークや、夏休みの旅行にも欠かせないエリアガイドです。







  試し読みはこちら

>> JTBパブリッシングが運営する「たびのたね」サイトへ遷移します



最新号のご案内