KURA別冊 軽井沢 2017

1,000円(税込)


進化し続ける軽井沢の今


宣教師が拓き、今もみずみずしい輝きを放つ軽井沢。
名シェフが集い、訪れる人々の舌を満足させる美食の店をはじめ、観光、文化、芸術、ショッピングのスポットは一度は訪れておきたい素敵な場所。
魅力的なまちを1冊まるごとご紹介します。
今回は初の試みとして「Karuizawa Bridal Notes」と題し、憧れのリゾートウェディングが叶う軽井沢のブライダル情報ををブックインでご紹介します。
またグルメ特集では、カフェや和食、イタリアン…などジャンル別に分けてお店をご紹介。
老舗から新店まで、軽井沢のおいしい空気とともに極上のグルメを召し上がれ。
進化し続ける軽井沢の”今”の情報を携えて、古くて新しい軽井沢を巡りましょう!



最新号のご案内

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />KURA別冊 小布施 KURA別冊 小布施

    小布施町は、長野県の北部に位置する、面積19.07km2の、長野県内で一番小さなまち。果樹の栽培が盛んな農村として、第一基幹産業の農業で、「農業立町」を掲げ、交流とおもてなしをテーマに、年間120万人が訪れる歴史と文化の香る町として発展している。そんな小布施町の歴史と文化、そして観光をすべてご紹介。

    1,000円(税込)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />KURA別冊 飯田 KURA別冊 飯田

    2017(平成29)年に市政施行80周年を迎えた飯田市。日本のほぼ中心に位置していて、東西南北の交通の要衝として栄えた。南アルプスと中央アルプスに囲まれ、名水百選に選定された「猿庫の泉」が湧く自然豊かな都市である。飯田の文化を紡ぐ人びとをご覧いただきたい。

    1,000円(税込)

  • KURA 2018年6月号No.198 KURA 2018年6月号No.198

    昔っから爛僖鶚瓩大好きな長野県民。店舗数もとっても多いんです。多種多様なパン店をご紹介します。

    800円(税込)

  • KURA 2018年5月号No.197 KURA 2018年5月号No.197

    まち歩きにちょうどいい季節到来。新店情報満載の小誌をお供に、出かけてみませんか。

    800円(税込)

  • KURA別冊 信州小諸 KURA別冊 信州小諸

    噴煙を上げる浅間山と清流千曲川に生み出され、ここに暮らす人によって歴史が紡がれてきた。居心地のよい暖かさを醸す人々、歴史残るまち並み。この本をめくって、小諸市の大好きな場所を見つけてみては。

    1,000円(税込)

  • KURA別冊 信州高山 KURA別冊 信州高山

    「日本で最も美しい村」連合に加盟する、信州 高山村。素晴らしい地域資源を存分に活かし、ライフスタイルそのものが美しい。人口約7100人の村には、7つ瓩料播┐癖語(ストーリー)がある。桜、滝、蛍、星、紅葉、温泉、そしてアクティビティ。長い年月、人々に大切に育まれ、繋いできた物語を、そっとお話ししてみましょう。

    1,000円(税込)

  • KURA 2018年4月号No.196 KURA 2018年4月号No.196

    県歌「信濃の国」制定50周年記念!「428文字」の歌詞に、信州の歴史文化や風土どして未来図まで狒瓦騰甬佑泙辰討い覦貂。

    800円(税込)

  • KURA別冊 信州塩尻 KURA別冊 信州塩尻

    住んでも訪れても魅力なまち「塩尻市」の魅力の凝縮させた一冊。施設や支援、狄有瓩鬚款匆陝

    1,000円(税込)

  • hitomi spring 2018 No.27 hitomi spring 2018 No.27

    新店続々OPEN!岐阜の春を感じる「花めぐり、Cafeめぐり」。今回は、岐阜の名桜を地域ごとにめぐり、おすすめのカフェとともに紹介する。

    800円(税込)

d