KURA 2016年3月号No.171

815円(税込)


祭・森・山・里・社・街の6つのキーワードで楽しむ御柱祭


急傾斜の山を、氏子たちを乗せた巨木が滑り降りる大迫力のシーンで知られる御柱祭。御柱祭の代名詞のように思われている「木落し」は、実はさまざまある祭りの一要素に過ぎません。巨木を育む森、御柱を里まで運ぶ山出し、街中がにぎわう里曳き、上社・下社での建御柱、そして観覧客をもてなす人々や街……。今号のKURAでは、奥深い歴史が詰まった6年に一度の大祭を、「6」にちなんで、6つのキーワードで読み解きます。この特集を通じて、ぜひ御柱祭にかける諏訪人の想いを感じ取ってください。





  試し読みはこちら

>> JTBパブリッシングが運営する「たびのたね」サイトへ遷移します



最新号のご案内

d